アルコール中毒の危険性

アルコール中毒とはビールなどのアルコールの飲酒による作用で自分の意思
で飲酒行動を制御できなくなり、家族や関係者に迷惑をかけていくものです

自らの意志ではどうすることもできない状態にまで陥った場合は
重度のアルコール依存症と判断され、医療による対策が必要となります

薬物への依存症と酷似しているため精神科、心療内科での精神的な
側面からの治療が優先されるようです

薬物と同様で禁断症状が生じる場合があり、頭痛や不眠などの軽度な
症状から幻覚・幻聴を伴う重度なものまで様々な症状が現れます

アルコール依存症の患者は自分がそうであると認めたがらない傾向にあります
それは認めた段階でアルコールが飲めなくなってしまうということが分かっている
からです

それが分かっていてもアルコール依存と認めないのがこの症状の危険な
ところでもあります

そのため、周りの人間がアルコール依存である兆候に気付いてあげることが
重要になります

アルコール依存症の兆候としては、酒を飲まないと寝付けないとか、二日酔い
で仕事を休んだり、約束を守れなかった事があるったりとか、隠れて酒を
飲むことがあったりなどひとつでも思い当たることがあれば、医師に相談
した方がいいでしょう

アルコール依存は女性にも多く見られます
キッチンドランカーという女性特有のアルコール依存症も近年増えています

アルコール依存は日々のストレスへの解放を求めて、飲酒することが
きっかけになることが多いようです
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。