アルコール依存症と鬱病(うつびょう)

精神的なストレスを急激もしくは断続的に受け続けることで
陥る鬱病(うつびょう)

現在、リストラやいじめ、失恋、大切な人の死などの精神的
ストレスにより、以前のような精神状態に戻ることができず
人との干渉を避け、引きこもる人が増え続けています

鬱病は倦怠感、虚脱感から抜け出せない状態が続き、言い難い
不安や恐怖心に襲われることがあると聞きます

そのような状態になると、アルコールの飲酒により一時的な
気分転換をおこなう人がかなりおられます

しかし、アルコールの麻痺作用で一時的に不安が和らいだと
しても、酔いが覚めたときはさらに強烈な不安が襲ってきます

そうなると、徐々にアルコールの飲酒量が増え続け、最終的には
アルコール依存症を併発してしまうケースがかなり多いのです

又、逆にアルコール依存症の患者が自分がアルコール依存症で
あることを認識しつつも改善できない状態に絶望感を感じ、
鬱病を併発するというケースも増えています

このように心の病気は悪い連鎖が続くため、傾向が見られた時に
すぐに治療を始めなければ手遅れになってしまいます

アルコール依存症と鬱病を併発している患者はやはりまず
アルコールを断つことが回復への第一歩だと言われています

自分ひとりの力で治そうせず、専門病院で医師によく相談し
入院治療などで徹底的に治療することを覚悟しましょう

アルコール依存症は薬物依存と酷似しているため、
世界各地で自助グループの団体もたくさんあります

アルコール依存症に苦しむ人間は自分ひとりではなく、
同じような悩みを抱え、治療をしようと必死に闘っている人間
はたくさんいると言う事を知りましょう

| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。