アルコールと筋肉の関係

アルコールを飲む人は筋肉が付きにくいという話を
聞いた事はありませんか

これにはきちんとした裏づけがあるのです

筋肉を肥大化させるホルモンがいわゆる男性ホルモン
であり、テストステロンと呼ばれるものです

このテストステロンはアルコールを摂取すると分泌量が
低下します

さらにアルコールの摂取により、コルチゾンという物質が
体内に増加するのですが、このコルチゾンはなんと筋肉を
分解してしまうのです

つまり、いくら筋トレをしても筋肉肥大化をさせる
男性ホルモンの分泌は抑えられ、逆に筋肉を分解する
物質を作り出してしまうため、筋肉は付かないのです

又、筋トレで筋肉に負担をかければ、それを回復させるには
身体を休めますが、アルコールを飲むことで身体はアルコール
を分解するために内臓が働き、身体を休めることができません

さらにアルコールを摂取しすぎると筋肉痛や関節痛に
なる恐れがあります

これは「アルコール筋症」と呼ばれ、先ほど出てきた
「コルチゾン」がアルコールの大量摂取により、増大し
筋肉を破壊することで起こります

又、アルコールの分解には体内の水分も使用されるため、
水分が不足し、筋肉痛が起こりやすくなるのです

筋トレの後に冷たーいビールを楽しみにしていた方には
酷な話かもしれませんが、たんぱく質系のつまみと一緒に
飲むことで多少軽減されるかもしれません
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。