妊娠中のアルコール摂取の影響

妊娠中にアルコールを摂取することで
どのような影響があるのでしょうか

アルコールを摂取すると胃腸で体内に吸収され
血液中にアルコールが浸透していきます

母親は血液中のアルコールを自分の肝臓で
分解する事ができるのですが

胎盤から母親の血液で栄養を補給している
胎内の赤ちゃんにはまだ解毒機能が未発達である
ため直接アルコールの影響を受けてしまいます

母親が妊娠中にアルコールを摂取することで
障害を持った赤ちゃんが生まれてくる可能性があるのです

それを胎児アルコール症候群(Fetal Alcohol Syndrome)
と言います

胎児アルコール症候群の特徴として子宮内での発達の遅れが
見られ、脳などの中枢神経に障害がある場合があります
外見的には頭が小さいなどの頭蓋骨の奇形が見られます

脳の障害については乳児の段階では気付きにくいのですが
成長するにつれ、適応障害や学習障害があることに気付くことが
多いようです

どのくらいの飲酒量であれば、胎児アルコール症候群を
避けられるのかと言うと、週に数回飲酒していただけの母親から
脳に障害を持った赤ちゃんが生まれたという報告もあるため
一概にどのくらいの飲酒量が危険であるかという論点ではなく
妊娠中はアルコール摂取は絶対にしてはいけないのです

何も分からないお腹の中の赤ちゃんは母親が飲酒したアルコールを
拒絶することはできないのです

生まれてくる自分の子供のためにも妊娠中はアルコール摂取は
やめましょう
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。