アルコールを飲むと血圧は上がるのか

アルコールを飲むと人間の血圧は上がるのでしょうかそれとも下がるのでしょうか

結論から言うと、どちらもあります

アルコールが体内に吸収され、血液に浸透すると
血管が拡張し、血行が良くなり血圧を下げる効果が
あると言われています

又善玉コレステロールが増加し、血流がスムーズに
なるためです

古来から百薬の長と言われる所以はこのような
ところから来ているのかもしれません

それにアルコールを少量を適度に飲んでいる人は
全く飲まない人に比べると死亡率が低くなっています

しかし、アルコールを飲むことで逆に血圧が上がる
場合があります

それは、アルコールを習慣的に大量に飲む場合に
血圧が高くなるという事例が報告されています

大量のアルコール摂取による血管の収縮反応が高まる
ことが原因として考えられるほか、交感神経の作用に
より心臓の拍動が速くなる、腎臓からマグネシウムや
カルシウムが失われていくことも原因のひとつです

さらにアルコールを飲む際には酒の肴として
高塩分・高カロリーのものを一緒に食べることが
多いと思われます

それによって肥満を引き起こし、結果として高血圧
になっていくのです

アルコールは自分が飲んでいくうちに、徐々に制御が
効かなくなり、気付かないうちに己がアルコールに
飲まれているという表現をよく聞きます

そうなるとアルコール依存症になる可能性が高くなり
血圧も高くなるという悪循環に陥ります

適量で抑えられる自信がないのであれば
アルコールは飲まないほうがいいでしょう
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。