アルコールと風邪薬

風邪をひいてしまったら風邪薬を服用します
あなたは風邪薬を何で飲みますか

風邪薬をはじめ、口から服用する薬は飲料水で
服用する事を前提で作られています

では飲料水以外、特にアルコールで風邪薬を
飲んだ場合、どうなるのでしょうか

風邪薬のような抗ヒスタミン系の薬が体内に
残っている状態でアルコールを摂取すると、
中枢神経抑制作用が増強され、眠気や精神機能
の低下などの副作用が起こる可能性があります

特に風邪薬を服用してから数日中にアルコールを
摂取すると判断力が低下したり、動作が鈍くなる
という場合があるので注意が必要です

最近では1日1回の服用で効き目が持続する風邪薬
も販売されています

それはつまりそれだけの身体の中に風邪薬が残っている
ということなのです

その状態でアルコールを飲めば、予想もしないような
事態になるかもしれません

過去にも風邪をひいてしまったから風邪薬を数日間
飲み続けていた人が少し調子が良くなったので、
同僚と居酒屋に行きました

そこであまり体調も良くないので飲酒の量も少しだけ
にしたのですが、アルコールが急激に回り、泥酔状態に
なり、大失態をおかしてしまったということです

風邪薬を飲んだらしばらくはアルコールは控えるようにしましょう
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。