エチルアルコールとは

エチルアルコールという言葉を聞いたことが
ありますか

理科の実験室の棚の中にこんな名前のラベルの
貼った容器があったかもしれません

エチルアルコールとはアルコールのことです

又、別称では「エタノール」とか「酒精」など
とも呼ばれています

エタノールは国際科学命名法による呼称であり、
エチルアルコールは慣用名としての呼称です

ちなみに「酒精」は日本語特有の呼称です

エチルアルコールはお酒と同じ成分ですので
飲んでも害ではありません

特徴としては無色透明ですがお酒のような独特な
香りがします

揮発性の高い液体であり、火を近づけると燃えるの
ですが、煙などは出ません

性能的に殺菌や消毒効果があるため、カビの防止
などにもよく利用されています

油を溶かす性質があり、水と混合しやすい液体です

エチルアルコールの生成方法には2種類あり、
ひとつは発酵アルコールでさとうきびなどの糖質と
さつまいもなどのでんぷん質を原料として生成します

もうひとつは合成アルコールで、石油から摂取される
エチレンを原料として生成します

お酒として飲むアルコールは酒税法でアルコール分が
1度以上の飲料用水として定義され、条件を満たしている
場合、酒税が課せられるようになっています
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。