アルコールと薬の飲み合わせ

薬は基本的に「水」で服用されることを
前提として作られているため、それ以外の
飲み物で服用した場合、予期しない副作用が
現れる可能性があります

特にアルコールと薬の飲み合わせについては
注意が必要であるという文献は多くあります

身体には本来異物である「薬」を分解して
体外に排出しようとする代謝機能があります

しかし、アルコールと同時に服用することで
薬の効果を予想以上に増幅させてしまったり、
又は効き目を半減させてしまったりするのです

具体的な例を挙げると、解熱鎮静剤に含まれる
アスピリンと一緒に服用すると、アルコールと
反応し、胃壁に炎症を起こさせます

又、睡眠導入薬と一緒に服用するとアルコール
と反応し、薬の濃度が上昇して脳に影響を与え、
最悪の場合、呼吸停止に陥る危険性があります

そして、最近増加している「抗うつ薬」と同時
に服用する事例

この場合、アルコールとの反応で薬の吸収率が
上がり、薬が効きすぎてしまう可能性があります

そうなると「精神状態が不安定になる」などの
症状が出て、さらには幻覚、手の震えが発症
することがあります

このようにアルコールと薬とは決して相性が
良い組合せとは言えません

薬を飲むなら、飲むなですね
もちろんアルコールのことです
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。