アルコール濃度は水を飲んで下がるのか

ちょっと今日は飲みすぎてしまったから
をたくさん飲んで身体のアルコールを薄めて
おこう

なんて思っている方はいますか

結論から言うと口から水を飲んで、アルコール
濃度が下がるということはありません

下がったとしてもごく微量で、代謝による
ものでしょう

もともとアルコール濃度というのは
飲酒したアルコールが胃腸から体内へ吸収され
血管を通って肝臓へと送り込まれます

そのときの血液中のアルコール濃度、
すなわち血中アルコール濃度のことを指しています

水を飲むことで血液中のアルコール濃度を効果的に
下げる事はできません

ポカリスエットやアクエリアスなどの電解質を含んだ
スポーツ飲料であれば、吸収率が高いため血液中の
アルコール濃度を下げられるという説もありますが
それほど効果は望めません

血液中のアルコール濃度を下げるという観点で言えば
点滴をおこなうことで濃度を下げることは理論上可能
ですが、そこまでやるかというのが本音です

昔、飲酒運転で死亡事故を起こした容疑者が罪を軽くする
ために大量の水を飲んだという話がありましたが、

上記の理論が分かっていれば、なりふり構わず
点滴をしていたでしょうか

そんな簡単には血中アルコール濃度を下げることは
できないという事実を認識して、アルコールを飲むよう
にしましょう
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。