ポリビニルアルコールとは

ポリビニルアルコールとは
一般的にポリ酢酸ビニルを鹸化(けんか)して
生成される合成樹脂のことを言い、別名を
ポバールとも言います

世界に先駆け、日本で生産された代表的な
化学樹脂です

主な特徴としては温水に溶解するというものです
これは分子中にヒドロキシ基が多く存在すること
によるためであり、合成樹脂としては珍しいこと
です

その他の特徴としては引っ張りや引き裂き、さらには
磨耗などに対しての強度が高く、耐薬品性にも
優れているため丈夫な容器として使用されるケース
が多いようです

又、透明性であるため中身を見る事のできる容器に
適しています

実際に使用されているもので言うとマヨネーズなどの
調味料の容器に多く見られます

最後にポリビニルアルコールとホウ砂を使った
スライムの作り方を紹介します

ホウ砂は薬局等で購入する事ができますが、毒性がある
ため使用上は十分に注意をして下さい

濃度4%のホウ砂水溶液を作成します
主成分がポリビニルアルコールの洗濯糊と水を2:3の割合で混ぜ
、同じく水溶液を作成します

これらを少しずつ混ぜながら、攪拌していきます
そうすると徐々にスライム状になっていくので、べとつかなくなる
までよくこねましょう

やった事がない人は夏休みの実験にでも一度試してみてください
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。